スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレンジ業のすすめ

なんか最近更新がないので、
勝手につらつら書いてみます。

アカペラをやったり楽譜を書いたりしてると、
いままで何か音楽やってたの?
とよく聞かれます。
僕はピアノを小5までやってて、その後は気まぐれに弾いたり弾かなかったりな感じでした。
サークル員のなかには、ピアノのほか合唱とか吹奏楽とかバンドとか、
やっぱり音楽経験者がそこそこ多いみたいです。
さすがに高校からアカペラをやってたなんていうツワモノはほぼいませんが(笑)


あと、どうして楽譜書けるようになったの?
というのもよく聞かれます。
一言で言えば、慣れで・・・というのが結論なのですが、
今日はちょっぴり曲制作ツールのお話です。

今の世の中は便利なもので、
自分で曲を演奏せずとも、パソコンで音符を打ち込めば、パソコンが演奏してくれます。
楽譜をつくるときも、パソコンの楽譜制作ソフトを使って楽譜を書いているのは、ハモネプで紹介されたとおりです。

で、自分が思い描いたものを機械が演奏してくれるというのはなかなか面白いですよね。
僕がその類のものに触れたのは、たぶん6歳ぐらいのときでした。
パソコンの「ペイント」みたいなお絵かき遊びができるスーファミのソフト「マリオペイント」ってゲームに、曲制作機能みたいなのがついてたんです。
まぁ当時は子供だったので、ハモってすらいないでたらめ同然の音符の羅列を入力をしては、音が出ることを楽しんでました。
こんなの→http://jp.youtube.com/watch?v=pWz7kYN9LqU
もちろん僕が作ったんじゃないです。

純然たる曲制作ゲームソフトではありませんので、
たった3和音しか鳴らないし、音色もおもちゃ同然だし、シャープ・フラットも使えないし、24小節しか作れないし、4分音符しか使えないし・・という、なにかと制約だらけのソフトでした。
(上の映像では、24小節以内で作ったのを何回もつぎはぎしてるようです。すげー。)
そういう厳しい制約の中で作るからこそ燃えるという理論は、
5和音でしかも人間の声しか使えないというアカペラに通ずるものがあるかもしれません。

ともかく、こういうので遊んでたのが今になって生きてるのかなぁなんて思います。
お子さんに音楽屋さんの道を薦めたければ、ぜひ与えてみてください(笑)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

音楽制作ソフトですか~
やっぱり、きんさんが使ってるのはお金かかるんですか?(^^;;

マリオシリーズどんだけあるんだよ!ってくらいありますよね((笑

No title

>翔太さん
今はサークルのお金で買ったやつを使ってます。
でも、web上でタダでダウンロードできるやつでも、それなりに曲を作れるソフトがありますよ。
プロフィール

Ghiblies

Author:Ghiblies
どんぐり
ジブリソングを専門に歌うアカペラグループ。
2008年夏、フジテレビ「ハモネプ」に出場し、優勝。
一橋大学アカペラサークルTheFirstCryに所属。
のほほんと楽しく歌っております。
オフィシャルウェブサイト↓
http://ghibliacappella.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。